育児辞典

« 赤ちゃんの食中毒 | メイン | 頭を打って吐く »

周期性嘔吐症とカラシア

周期性嘔吐症は、周期的に嘔吐を繰り返し、半日ぐらい吐き続けることもある病気です。原因は不明ですが、吐き始めたときに坐薬で吐き気を止め、イオン飲料を少しずつ飲ませて、脱水症を予防します。点滴が必要なときがあります。カラシアは噴門弛緩症といい、噴門がゆるく、ミルクが逆流しやすく、赤ちゃんはすぐに嘔吐してしまいます。よく注意して腹ばいにさせるか、上半身を起こして仰向けにして、吐く回数を減らします。飲み薬や、手術による治療が行われます。

関連記事一覧