育児辞典

« 頭を打って吐く | メイン | 赤ちゃんのチアノーゼ »

赤ちゃんの顔色

子どもの活発さや運動は、個人差が大きく、これによって、それぞれの子どもの顔色も違ってきます。顔色が青白かったり、逆に真っ赤でも、元気なら基本的には心配いりません。しかし、1歳半ぐらいでは軽い貧血で青白いこともあるので、病院でみてもらいましょう。赤ちゃんは鉄分はじめ、亜鉛やビタミンも不足がちになります。顔色が真っ赤なのは活発な証拠なので、心配要りません。

関連記事一覧