育児辞典

« 赤ちゃんの顔色 | メイン | 顔や全身のむくみ »

赤ちゃんのチアノーゼ

赤ちゃんは、とくに心臓病でなくても、激しく泣くことで、唇が紫色になるチアノーゼ状態になります。心臓病のチアノーゼは、泣かなくても常に紫色なので区別できます。泣いた後にひきつけを起こした場合、けいれんを起こしたり、意識がなくなったりして驚きますが、これはしばらくしたら息を吹き返して自然に治るので心配いりません。

関連記事一覧