育児辞典

« 赤ちゃんの発熱疾患 | メイン | 赤ちゃんの原始反射 »

点頭てんかん

点頭てんかんは、乳児期に発症するてんかんで、全身を瞬間的に曲げる特異な発作と、独特の脳波異常を特徴とします。普通のてんかんと違って、投薬などの治療でも発作を抑えることが困難です。抗てんかん剤以外に、ホルモン剤の注射が有効なのも特徴です。成長にしたがって発作の形態が変化し、発作によって発達が遅れるため、リハビリや特別な教育が必要になります。

関連記事一覧