育児辞典

« 赤ちゃんの唇の荒れ | メイン | 舌の病気 »

赤ちゃんのよだれ

生後6ヶ月ぐらいのの赤ちゃんは、離乳食が始まって唾液の量が増えても、まだ唾液の扱いになれていないので、ダラダラとよだれを出してしまいます。やがて、コントロールできるようになって、よだれも出なくなります。ただ、口の中に水疱や発疹ができて、そのためによだれがひどくなることもあります。口内のできものがしみて、食欲がなくなるので、しばらくの間は流動状の離乳食にし、しみるので酸味のものやかたいものは食べさせないようにしましょう。

関連記事一覧