育児辞典

« 赤ちゃんのよだれ | メイン | 赤ちゃんのいびき »

舌の病気

赤ちゃんの舌にできる白いカス状のものは、ミルクかすかカビのカンジダです。カンジダの場合、無理にふきとらないようにし、抗真菌薬などの塗布で治療します。舌にコケのようにさまざまな大きさの淡紅色斑ができるのは地図状舌と呼ばれます。ほとんど自覚症状はなく、治療の必要もありません。舌がひきつれる「つれ舌」もありますが、とくに手術の必要はないと言われます。

関連記事一覧