育児辞典

« おしゃぶりと歯並び | メイン | 歯の生え方 »

歯の着色

赤ちゃんの歯が黄色く見えるときは、抗生物質の服用やウイルス感染、発育不全などが原因として考えられます。歯の着色は永久歯に多く、乳歯は少ないようです。歯全体が着色する場合と、一部の着色があります。ケガによって灰色に着色することもあります。

関連記事一覧