育児辞典

« 夜尿症 | メイン | 亀頭炎 »

赤ちゃんの陰嚢水腫

多くの男児が陰嚢水腫です。これは、睾丸周囲に水がたまるもので、1歳ぐらいになると、水が自然に吸収されて治ります。1歳すぎて治らない場合は、鼠径ヘルニアなど、他の病気の合併や単独発症が疑われます。この場合は手術が必要になります。また、陰嚢の中に2つの睾丸がきちんと入っていない停留睾丸の場合は、1、2歳どろに自然に陰嚢内におりるのを待ちます。おりないときは、やはり手術の必要があります。

関連記事一覧