育児辞典

« 尿の色 | メイン | よだれによる湿疹 »

女児の外陰部

女児の外陰部は、個人差があり、かなり形が違うので、陰核が多少大きいのは問題ありません。しかし、大きすぎる場合は半陰陽の可能性があるので受診が必要です。ホルモンの分泌異常や染色体異常、腹部腫瘍、脳腫瘍など、さまざまな病気の可能性が検査されます。できれば内分泌疾患を専門にする小児科医がいいでしょう。

関連記事一覧