育児辞典

« 女児の外陰部 | メイン | 耳のかゆみ »

よだれによる湿疹

生後半年から1歳までの赤ちゃんは、一番よだれの多い時期です。よだれが出ない病気はありますが、出すぎる病気はないので、出すぎを心配することはありません。1歳をすぎれば自分で飲み込めるようになって、よだれは少なくなります。よだれがあごにつくと、すぐに赤い湿疹になるので、必ずふきとるようにしてください。湿疹が軽いときはすてろいど以外の塗り薬を、重いときはステロイドの塗り薬を使います。

関連記事一覧