育児辞典

« 夏の水疱と冬のしもやけ | メイン | 赤あざと黒あざ »

じんましんといぼ

幼児のじんましんは、食べ物よりも草むらの草木や昆虫などの刺激で発生するすることが多いです。食べ物では、卵や牛乳、魚、大豆食品の他、魚も原因になることがあります。かゆみ止めを塗り、飲み薬を使用します。背中などにできる、つぶすと白いものが出るいぼは水いぼで、これは放置により半年から1年で免疫ができて治ることもありますが、移るので、病院でとってもらいましょう。

関連記事一覧