育児辞典

« 赤ちゃんの斜頸 | メイン | 子どものばね指 »

子どもの内反足

内反足は、足首の関節から、内側に曲がっているもので、子どもの場合はほとんど先天性のものです。新生児のうちに、ギブス固定などの治療を開始します。2歳ぐらいでの発症は、病気ややけど、外傷が原因のことが多いです。外側にも足を動かせるなら、1歳をすぎると次第に改善されるので心配いりません。

関連記事一覧