育児辞典

« 子どものばね指 | メイン | 股関節脱臼の経過 »

ひじが抜けたとき

子どもが、手を無理に引っ張られると、ひじが抜けて肘内障になることがあります。子どもは突然泣き出し、手がだらんと下がるので、すぐわかります。これは脱臼ではなく、関節の靭帯がずれた状態です。このときは、ひじを軽く曲げ、前腕をねじっていくと、コリッと音がして治ります。なれれば簡単なので、小児科などで具体的に指導を受けてもいいでしょう。

関連記事一覧