育児辞典

« ひじが抜けたとき | メイン | 子どもの成長痛 »

股関節脱臼の経過

生後3ヶ月で、股関節脱臼の診断をし、その後、生後6ヶ月まで矯正具をつけて治します。これでほとんでおが自然に治癒しますが、その後のつたい歩きなどが遅くなることはあります。1歳半になっても1人歩きができない場合は診断が必要で、手術によって治すこともあります。

関連記事一覧