育児辞典

« 子どもの川崎病 | メイン | 歩行が遅い原因 »

リウマチ熱とは

リウマチ熱は、溶連菌の感染から発疹、しこり、関節炎症、心筋障害と続き、まれに舞踏病という手足の不随意運動の起こる病気です。かつては、子どもの心臓病の中で、リウマチ性の弁膜症が多かったのですが、抗生物質によって溶連菌感染症の治療が簡単にできるようになって、日本での発生は減少しています。

関連記事一覧