育児辞典

« 赤ちゃんの意志伝達 | メイン | 左ききの赤ちゃん »

赤ちゃんの心配な動作

赤ちゃんが歩き始めるときは、いろいろな格好で練習し、安定のために皆がに股です。ですから、よろよろとひどいがに股で歩いていても、心配いりません。また新聞紙など、なんでも目につくものを口に入れてしまうのも、赤ちゃんの困った癖です。赤ちゃんの学習行動のひとつですが、赤ちゃんが動くところには、口に入れそうなものは置かないようにしましょう。またおへそをいじる癖のある赤ちゃんがいますが、細菌感染のおそれがあるので、爪を切って、いつも手をきれいにさせるようにしましょう。

関連記事一覧