育児辞典

« 落ちて頭を打った | メイン | おぼれたときの応急処置 »

やけどの手当て

アイロンやストーブ、熱湯などで、子どもがやけどしたときは、まず患部をすぐに冷やします。水道の蛇口で冷たい水でさらすといいでしょう。そっとタオルでふいて、水ぶくれが大きくただれていたら、すぐに外科で受診します。服の上から熱湯がかかったときは、服のままで冷やし、その後ぬがせます。やけど部分に自宅の薬を塗ったりしてはいけません。赤いだけなら、十分冷やして、患部を消毒してガーゼをあてます。加湿器や炊飯器の蒸気でもやけどをするので、十分に注意してください。」

関連記事一覧