育児辞典

« おぼれたときの応急処置 | メイン | 熱中症の手当て »

刺されたときの処置

子どもがハチに刺されたら、まず傷口を注意深く見て、ハチの針をそっと抜きます。傷口に口をあてて毒を吸い出し、唾液は吐き出します。傷口を水で十分に洗い、消毒をして虫刺され用軟膏を塗ります。はれていたら、保冷パックなどで冷やします。海でクラゲに刺されたときは、ハブクラゲなど命にかかわることもあるので、すぐに救護所に連れて行って処置をしてもらいましょう。その海にどんなクラゲがいるのか、前もって情報を得てから行くのが賢明です。

関連記事一覧