育児辞典

« 全身性エリテマトーデス | メイン | 心臓病のお母さん »

母子感染

お母さんがB型肝炎キャリアである場合、子どもには分娩時に感染します。一度感染すると一生保因者となります。母乳を与えてもいいかですが、母乳による感染の可能性は低く、母乳栄養の重要性を優先して、母乳は与えてもよいとされています。現在は、国で母子感染予防のワクチン接種を進めています。また、母親が結核の場合、まず子どもも感染しているかを検査しなくてはなりません。保健所からの健診連絡によって健診を受けることになります。

関連記事一覧