育児辞典

« 口の中の異常 | メイン | 反射の異常 »

便の異常

大腸や肛門の出血は赤い便、上部消化管の出血は黒い便となります。感染性下痢症は、粘血便となります。牛乳アレルギーの便も粘血便です。腸重責の場合は、肛門から鮮血が出ます。胆道閉鎖症は、真っ白な便が出て、尿が茶褐色となり、全身が黄色くなります。赤ちゃんの正常な便は、母乳栄養では水っぽく、人工栄養では泥状が多くなります。色は黄、緑、茶色が正常です。下痢で脱水症になると、目がくぼみ、皮膚がしわになり、元気がなくなるので、すぐに病院で点滴を受けます。

関連記事一覧