育児辞典

« 便の異常 | メイン

反射の異常

赤ちゃんの動きは多くが不随意運動ですが、一定のパターンのものもあります。仰向けの赤ちゃんが刺激で両腕を開くのをモロー反射といいます。生後9〜10ヶ月ごろの赤ちゃんの胸腹部を支えて持ち上げ、上体を下げると、指を開いて両腕を前に出します。これはパラシュート反射と呼ばれますが、このとき無反応なときは神経系の病気のおそれがあります。新生児の胸を支えて立たせると、両足を動かして原始歩行と呼ばれる動きをします。首のすわりを見るために、上体を引き起こすこともあります。

関連記事一覧